教育の現在

教育の現在

Add: ydymaz34 - Date: 2020-12-19 00:24:15 - Views: 4279 - Clicks: 3802

日勤教育の今現在は?指導内容(罰則)改善前と後は? 問題となったjrの日勤教育の今現在は どうなっているんでしょうか? 当時はみせしめ的な意味合いが大きかった 日勤教育は全面的に見直されたようです。 当時5か月間位あっても普通だった日勤教育の. では現在、もうゆとり教育の弊害はなくなり、高い水準の学力が子供たちに身に付く指導が行われているのだろうか。 答えは「否」! 1972年の授業時間数と比較すると、まだ「1014時間」もの差がある。. Amazonで無藤 隆, 大豆生田 啓友, 松永 静子の教育・保育の現在・過去・未来を結ぶ論点 汐見稔幸とその周辺。アマゾンならポイント還元本が多数。. 実践から考える金融教育の現在と未来 東京学芸大学・みずほフィナンシャルグループ金融教育共同研究プロジェクト編 ; 大澤克美, 松尾直博, 東條憲二編者代表 東信堂,. . その教育法の確かさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの面からも証明されています。 100年以上経った今でも時代や文化の違いを超えて世界中で支持され、現在世界140以上の国にモンテッソーリ実践園が存在しているといわれています。.

外国語専門部会としては、次のような状況にかんがみ、小学校の英語教育を充実する必要があると考える。 1. 情報教育の過去・現在・未来 概説する。 1995年(平成7年)4月の文部大臣の諮問10)に答 え,中央教育審議会は1996年(平成8年)7月に, 「21世紀を展望した我が国の教育の在り方につい て」と題する答申11)をとりまとめた。. 日本の教育は、文部科学省(中央省庁再編以前の旧文部省)が所管しており教育基本法に則っている。 日本は、欧米に次いで世界的には比較的早い明治期から、大正・昭和~平成期と、明治維新以降近代的な学校教育の施設・制度を整備し、公教育・一般教育・義務教育を実施した。. 」といった有名なフレーズがあるように、何かと標的にされてきたゆとり世代。あと数年で最後のゆとり世代が高校を卒業します。現在は脱ゆとり教育ですから、もしかしたらこの先「脱ゆとり世代」などの言葉も登場するかもしれませんね。また、さとり世代やつくし世代など、時代背景から生み出される「○○世代」はさまざまなものがあります。今後、どんな「○○世代」が登場するのかにも注目したいところです。 参考⇒文部科学省「学制百二十年史-第三編 教育・学術・文化・スポーツの進展と新たな展開-第三章 初等中等教育-第二節 教育内容・方法の改善-一 教育課程の改訂」 参考⇒文部科学省「小学校学習指導要領 文部省告示第175号」 参考⇒文部科学省「中学校学習指導要領 文部省告示第176号」 (中田ボンベ@dcp). 現在は、性教育という価値あるものをいかに社会に受け入れやすいものにしていくかということに、大きなやり甲斐を感じているそう。 10代のセックスは. ○ 今後、このような資質能力を有する、新たな学びを支える教員を養成するとともに、「学び続ける教員像」の確立が必要である 。 ○ 特に、教科や教職に関する高度な専門的知識や、新たな学びを展開できる実践的指導力を育成するためには、教科や教職についての基礎・基本を踏まえた理論と実践の往還による教員養成の高度化が必要である 。 ○ 他方、初任者が実践的指導力やコミュニケーション力、チームで対応する力など教員としての基礎的な力が十分に身に付いていないことなどが指摘されている。こうしたことから、教員養成段階において、教科指導、生徒指導、学級経営等の職務を的確に実践できる力を育成するなど何らかの対応が求められている。 ○ さらに、教員は、教職生活全体を通じて、実践的指導力等を高めるとともに、社会の急速な進展の中で知識・技能が陳腐化しないよう絶えざる刷新が必要であり、「学び続ける教員像」を確立する必要がある。このような教員の姿は、子どもたちの模範ともなる。 ○ 大学での養成と教育委員会による研修は分断されており、教員が大学卒業後も学びを継続する体制が不十分である。このため、教員が教職生活全体にわたって学びを継続する意欲を持ち続けるための仕組みを構築する必要がある。 ○ 加えて、自らの実践を理論に基づき振り返ることは資質能力の向上に有効であるが、現職研修において大学と連携したこのような取組は十分でない。 ○ また、教員採用選考において、養成段階における学習成果の活用など、大学との連携が不十分である。 ○ 優れた教員の養成、研修や確保は、大学や学校の中だけで行うのではなく、学校支援に関わる関係者をはじめとする広く社会全体の力を結集して取り組んでいくことも必要である。 ○ 以上のことを踏まえ、教育委員会と大学との連携・協働により、教職生活全体を通じて学び続ける教員を継続的に支援するための一体的な改革を行う必要がある。.

See full list on nyushikaikaku. 小学校英語教育について 来年度から英語教育が刷新されるそうですが、現在の小学6年生は、どの程度英語ができるのでしょうか? be動詞や一般動詞の否定文や疑問文は理解できるのでしょう か。. ゆとり教育は「生徒自身で考える力を養うこと」を目的として導入されたものです。かつての詰め込み教育では、大学入試の突破を目標に、暗記メインで「とにかく知識を増やすための指導」を行っていました。それにより子どもたちの試験の点数の平均は上昇しましたが、暗記したことをすぐに忘れたり、詰め込み過ぎるあまりに授業についていけない子どもが増加するなど問題がありました。 そのため、「生徒が自分で考え、学習内容を正しく理解して覚えられる」ように、詰め込まれていたカリキュラムを精査し、授業に余裕(ゆとり)を持たせるような教育が求められました。これに従って改訂・導入されたのが1980年度からの「ゆとり教育」です。 以降、「脱詰め込み」を目指して学習指導要領の改訂が行われ、先述の通り第2土曜日が休みになるなどのゆとりある学校生活に変わっていきます。年度では、児童が自発的に学習を行う「総合的な学習の時間」が導入されるなど、より思考力を養うための学習内容に改訂されました。 ゆとり教育を導入した結果、子どもが自ら考える力が向上し、それぞれの個性を伸ばすことができたなどの声が一部の識者から挙がりました。しかし一方では、ゆとり教育導入後に「国際学力テスト」の日本の順位が下がったなどとして、「ゆとりを持たせたことで学力が低下した」との批判の声も少なくありませんでした。 その結果、年代後半にゆとり教育での授業内容や授業料を改めた「脱ゆとり教育」が掲げられるようになります。そして脱ゆとりをテーマとした新たな指導要領が、年度(小学生)から実施され、現在に至っているのです。. 教育(きょういく、英語: education )とは、対象の人間の心身を変化させることを目的とした活動である 。 教育は、自由と衝突する観念だが 、自由権をある程度毀損したとしても、公共の福祉のために必要だと考えられている。. See full list on gakumado. .

社会において,目を見張るような現場での改善(あえてカイゼンと提言内では書かれています)や世界を変える発明や革新,さらには気の利いた新しいサービスを提供するためには,小さな気づきが必要で,それをきっかけとして最初の一歩を踏み出すことを50センチ革命と言います。 この小さな革命を成し遂げるために必要な力には, が,具体的な例として挙げられています。 このうち,『自己肯定感』については,成功体験などを例に以前の記事でお伝えしましたが,その他の『課題発見力』においては,問題の本質を見極める俯瞰的な視点や構造を理解する力が必要です。 ともすれば,責任転嫁がループして当事者が不在になりがちな日本社会で,『圧倒的な当事者意識』は全責任を自分が引き受ける(自分の力で成し遂げる)という意思の表れにもなりますし,そもそも『他者への共感力』なくして,人の役に立つサービスは生まれません。 何か新しいことをするときは,根拠のない自信による『思い切り』も必要な力の一つだと思います。 「うまくいくかわからないから」と理由でやめてしまうしまうようでは,大きな夢は叶えられませんからね。. 現在大学院にて教育哲学を研究中。 普通の中学校にて、 宿題なし、小テストなし、 遊んでいるようにも見えるゆる〜い授業で完全習得達成。 ※全県模試にて5段階評価、全員3以上達成! 朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの教育ページです。ニュースやコラム、吹奏楽、人気の「花まる先生」「乃木坂と、まなぶ. 教科や教職に関する高度な専門的知識(グローバル化、情報化、特別支援教育その他の新たな課題に対応できる知識・技能を含む) 2. 「キャリア教育」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。職業人向けの研修のような名称ですが、現在の小学校から高校でも行われているプログラムです。概要や具体的な取り組みについてご紹介します。 キャリア教育とは キャリア教育は、年改訂の学習指導要領から盛り込まれ. ゆとり世代のように、共通する特徴を持つ世代を「○○世代」と表現しますが、中でも有名なのは「さとり世代」。さとり世代は、「悟りを開いた僧のように物欲がないように見える人」が多い世代のこと。年に流行語大賞にもノミネートされました。 このさとり世代は、一般的に1980年代中ごろから1990年代中ごろに生まれた人を指すといわれています。現在20~30代の若者といった、実にアバウトな定義で、一部はゆとり世代ともかぶっていますね。 ほかにもここ2~3年で登場したものに「つくし世代」というものがあります。こちらは、主に現在10代の若者のことを指す考え方が一般的のようです。このつくし世代は、自らの個性を重視し、人に「尽くす」ことを喜びとする世代だといわれています。また、スマートフォンを使ってSNSなどで交流することに重きを置いている傾向もあります。「webコミュニケーション能力の高い世代」といえるかもしれません。. 教科指導、生徒指導、学級経営等を的確に実践できる力 (3)総合的な人間力(豊かな人間性や社会性、コミュニケーション力、同僚とチームで対応する力、地域や社会の多様な組織等と連携・協働できる力).

歴史教育の現在 石山久男, 渡辺賢二編 (展望日本歴史, 2) 東京堂出版,. 小学生の柔軟な適応力を生かすことによる英語力の向上 教育の現在 最近の子どもたちは、テレビなどを通じて外国人や異文化と接する機会を相当程度持っており、英語活動への抵抗感は少ないと思われる。また、現在は中学校において挨拶、自己紹介などの英語に初めて接することとなるが、こうした活動はむしろ小学校段階での活動になじむものと考えられる。さらに、小学生の柔軟な適応力は、コミュニケーションへの積極的な態度の育成や、英語の音声や基本的な表現に慣れ親しむことに適しており、将来実践的コミュニケーション能力を育成するうえでの素地となるものと考えられる。 2. 今後の社会では,今まで以上に,課題を解決する力が必要になってきます。 しかもその課題は,過去の先例の中にその答えが載っていない,新しい時代に生み出された問題であることがほとんどです。 例えば『超高齢化社会における各人の働き方』についての議論は,最近になって頻繁にニュースで目にするものですが,「今後人の寿命が世界規模で延びていくとなると,どの国も課題となる高齢化問題に,先駆けて直面している」という意味で,日本を『課題先進国』と呼ぶこともあるのですね。 そんな未知の課題に対処しなければならないとき,必要とされる力というのは, 決められたことを決められたとおりに行う力 よりもむしろ, 仮説を立て,実験と考察によって確かめようとする探求心 であったり 各人がお互いの自由を承認しあう感性 だと言います。 こういった解決力については,経済産業省の中で,いくつかの要素の関与について述べられており,具体的には, 『50センチ革命』・『越境』・『試行錯誤』 の3つとなります。 それでは,これら3つの要素について,以下の章で詳しく見ていくことにしましょう。. 現在、教育について調べています。 ズバリ、今の日本の教育で 問題にされていることは何でしょうか? 大きな質問を、このようにどっかり投げかけてしまうのも、微妙な質問の仕方かもしれませんが、調べるとっかかりとして、こ. ○ これからの社会で求められる人材像を踏まえた教育の展開、学校現場の諸課題への対応を図るためには、社会からの尊敬・信頼を受ける教員、 思考力・判断力・表現力等を育成する実践的指導力を有する教員、困難な課題に同僚と協働し、地域と連携して対応する教員が必要である。 ○ また、教職生活全体を通じて、実践的指導力等を高めるとともに、社会の急速な進展の中で、知識・技能の絶えざる刷新が必要であることから、教員が探究力を持ち、学び続ける存在であることが不可欠である(「学び続ける教員像」の確立)。 ○ 上記を踏まえると、これからの教員に求められる資質能力は以下のように整理される。これらは、それぞれ独立して存在するのではなく、省察する中で相互に関連し合いながら形成されることに留意する必要がある。 (1)教職に対する責任感、探究力、教職生活全体を通じて自主的に学び続ける力(使命感や責任感、教育的愛情) (2)専門職としての高度な知識・技能 1. See full list on mext. 国で教育され,現在に至っている。 4 科学教育の現在 現在の学習指導要領の告示が平成20年(2 008年)3月28日に告示された。3年間の移 行期間を経て,小学校は平成23年度から, 中学校は平成24年度・高校は平成25年度か ら新しい教育課程が実施されている.

朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの教育ニュースについてのページです。最新記事の見出しは「校長パワハラ、中学校の40代職員. 「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」(平成15年3月:文部科学省)のなかで指摘されているように、経済、社会の様々な面でグローバル化が急速に進展し、人、物、情報、資本などの国境を越えた移動が活発となり、国際的な相互依存関係が深まるとともに、国際的な経済競争が激化し、果敢な挑戦が求められている。また、地球環境問題など人類が直面する地球的規模の課題の解決に向けて、人類の英知を結集することが求められている。こうした状況の下では、絶えず国際社会を生きるという広い視野とともに、国際的な理解と協調が不可欠になっている。 「教育課程部会審議経過報告」(平成18年2月)においては、国際化、情報化、科学技術の発展の中で、社会や経済のグローバル化が急速に進展し、異なる文化・文明の共存や持続可能な発展に向けての国際協力が求められるとともに、人材育成面での国際競争も加速していることから、学校教育において国家戦略として取り組むべき課題として、外国語教育が挙げられている。 グローバル化により、個々人が国際的に流通する商品やサービス、国際的な活動に触れ、参画する機会が増大するとともに、誰もが世界において活躍する可能性が広がっている。さらに、IT革命の進展により、国を超えて、知識や情報を入手、理解し、さらに発信、対話する能力、いわゆるグローバル・リテラシーの確立が求められている。また、インターネットの普及や外国人労働者の増加などによって、国内においても外国語でコミュニケーションを図る機会が増えている。 英語は、国際的共通語として最も中心的な役割を果たしており、コミュニケーションのツールとなっている。世界では英語を母語、公用語、準公用語とする人々が多い。21世紀を生き抜くためには、国際的共通語としての英語のコミュニケーション能力を身に付けることが不可欠である。 第3回APEC(エイペック)教育大臣会合共同宣言(年4月)においては、「英語及び他の外国語の学習の重要性は、伝統的な意味での生徒に限らず、それを労働者、中小企業家、女性、不利な立場にある人々がグローバル化した世界とうまく交流できるように拡大することである」としている。 こうしたなか、例えば我が国のTOEFL(トーフル)の平均スコアはアジア諸国の中で下から2番目に位置している。受験者の数や特性が異なるため単純な比較はでき. 本来の再教育は事故等の再発防止を目的として行われるものであるが、実際には除草 や社内清掃といった業務指示が行われており、航空・鉄道事故調査委員会がjr西日本に対して実施したヒアリング調査では「再教育の趣旨・目的が教育対象者にとって不明瞭になっていた可能性がある. 7単位時間(1単位時間は45分)である。 文部科学省指定の研究開発学校や構造改革特別区域研究開発学校(以下、研究開発学校という。)において、教科として英語教育を実施している公立小学校も増えつつある。平成17年度の文部科学省指定の研究開発学校のうち77校が、構造改革特別区域については55の自治体が教科としての英語教育に取り組んでいる。また、私立小学校全194校のうち、平成17年度に英語教育に取り組んでいる学校は、文部科学省による調査に対して回答を寄せた148校のうち135校である。これらの学校からは、小学校段階で英語教育を実施することによって、英語に対する関心・意欲が高まったことや、スキル面で一定の成果があったとの報告がなされている。. 「これだからゆとり世代は. 教育の機会均等の確保 現在でも、90パーセントを超える小学校において、総合的な学習の時間などで英語活動が行われているが、活動の内容や授業時間数には相当のばらつきがある。一方で、教科としての英語教育を実施する学校が増加していることを考慮すると、教育の機会均等を確保するという観点、特に中学校教育との円滑な接続を図るという観点から、中学校に入学したときに共通の基盤が持てるよう、必要な教育内容を提供することが求められると考える。 こうしたことから、外国語専門部会としては、小学校段階における英語教育の充実を図るため、すべての学校で共通に指導するとした場合の教育内容について検討している。その際、慎重な意見も相当程度あることから、教育目標や内容の設定の在り方、教育課程上の位置付け、条件整備等について、十分に検討する必要があると考える。 外国語専門部会では、以下に、小学校段階における英語教育の目標と内容についての考え方を整理するとともに、慎重な意見がその理由として挙げている、国語力の育成との関係. 1.キャリア教育の課題とは? ・キャリア教育推進の歴史 今年で19年目を迎えるキャリア教育ですが、現在どのような課題を抱えているのかを知るためには、これまでどのような方針のもとキャリア教育が進められてきたのか理解する必要があります。キャリア教育が最初に提唱された1999年.

「ゆとりを持たせたことで学力が低下した」など、ネガティブなイメージのあるゆとり世代ですが、この世代には以下のような特徴があるといわれることがあります。 ・仕事よりもプライベートを重視する ・指示がないと自分から動かない ・挫折から立ち直れない ・物欲がなく、物への執着が薄い ・恋愛や結婚への興味が薄い 他にも、「無気力・無関心」といった言葉で表現されるなど、ゆとり世代はマイナスの印象を持たれがちで、一部の識者からは、こうした特徴があるのは「ゆとりのある教育を受けたから」と指摘されてきました。しかし、本当にそうなのかは、脱ゆとり教育を受けた世代が大人になり、世代間の比較をしてみて、初めてわかるかもしれません。. この『越境』についてはその文字だけ見ていても意味がわからないと思いますので,具体例をまずは挙げてしまいましょう↓↓ 以上の力が『越境』を可能にし,これもまた課題を解決するのに必要な力となります。 人がものを考える際には,やはりその人の軸となる専門性(深い知識)が必要になるのは言うまでもありません。 例えば,作曲家になって,オーケストラのための曲を書き下ろすような人が,全楽器について精通しているのは稀です。 しかし,大体は何か1つの楽器においてプロレベルにまで極めているのが普通であり,その楽器を通した音楽経験をもとに,基本作曲していくことになります。 もちろんそれ以外の楽器の音域や奏法についても知らなければ,全員のための楽譜は作れませんので,そういったものが上で言う,『異分野の視点や知見の理解力』にあたるのでしょう。 『多様性の受容力』は,「前に習え,出る杭は打つ」的な風土では,かなり実現の見込みが薄いとは思いますが,世代間を超えて,上司にも対等に意見できる社風や,失敗を恐れず周りを巻き込めるほどのカリスマ性が,これからの新しい働き方にはますます必要になってくることは,うすうす誰もが気づき始めているような気がします。. また、上記調査では、教科が好きかどうか、家でどのくらい勉強するかなどについても調査しているが、学習意欲、学習習慣・生活習慣などは、若干の改善は見られるが、引き続きの課題である。なお、基本的な生活習慣が身に付いているとうかがえる子どもは、調査問題の得点が高い傾向にある。 5. 自分に自信がある子どもが国際的に見て少なく、学習や職業に対して無気力な子どもが増えている。また、人間関係をつくる力が十分でないとの指摘もある。 4.

netJR西「恐怖の研修」は変わらぬ体質の象徴だ - 東洋経済オンライン ○ グローバル化や情報通信技術の進展、少子高齢化など社会の急激な変化に伴い、高度化、複雑化する諸課題への対応が必要となっており、 多様なベクトルが同時に存在・交錯する、変化が激しく先行きが不透明な社会に移行しつつある。 ○ こうした中で、幅広い知識と柔軟な思考力に基づいて、知識を活用し、付加価値を生み、イノベーションや新たな社会を創造していく人材や、国際的視野を持ち、個人や社会の多様性を尊重しつつ、他者と協働して課題解決を行う人材が求められている。 ○ これに伴い、21世紀を生き抜くための力を育成するため、これからの学校は、基礎的・基本的な知識・技能の習得に加え、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の育成や学習意欲の向上、多様な人間関係を結んでいく力や習慣の育成等を重視する必要がある。これらは、様々な言語活動や協働的な学習活動を通じて効果的に育まれることに留意する必要がある。さらに、地域社会と一体となった子どもの育成を重視する必要があり、地域社会の様々な機関等との連携の強化が不可欠である。 ○ また、学校現場では、いじめ・不登校等生徒指導上の諸課題への対応、特別支援教育の充実、外国人児童生徒への対応、ICTの活用の要請をはじめ、複雑かつ多様な課題に対応することが求められている。また、社会全体の高学歴化が進行する中で教員の社会的地位の一層の向上を図ることの必要性も指摘されている。 ○ このため、教員がこうした課題に対応できる専門的知識・技能を向上するとともに、マネジメント力を有する校長のリーダーシップの下、地域の力を活用しながら、チームとして組織的かつ効果的な対応を行う必要がある。. こうした社会経済システムの高度化・複雑化が顕著な現代において、将来の社会を担う子どもたちには、新しいものを創り出し、より良い社会の形成に向け、主体性を持って社会に積極的に参加し課題を解決していくことができる力を身に付けることが求められる。 3. こちらはイメージするのは簡単ですが,実は大変に時間を要するものであり,結果よりも過程を評価できるようになって初めて育つ能力だとも言えるでしょう。 例えば,芸術の育つ国というのは,仕事をせずに遊んでいる国に見えることが多いと言われます(実際は,自分の時間を仕事以上に大切にしているだけかもしれません)。 それに,「遊んでいないで仕事(勉強)しろ」などとすぐに言ってくるような人というのは,その人自身に,作曲が出来たり立派な絵や彫刻を造り上げる能力があるでしょうか。 また,『創造性』というのも,普段から物思いにふけったり,静かに瞑想して考える時間があってこそ伸びる性質ですね。 たえず何かが誘惑してきたり,多忙で頭の中が埋まっている日常では,到底実現できません。 『正解なき中での思考力』は論理力や分析力を意味するのでしょうが,次の『省察』と合わせて,論理的にものを考えられる人になる必要があります。. 子どもの学力の現状については、平成15年に実施された国際的な学力調査の結果から、全体としては国際的にみて上位にはあるものの、成績中位層が減り、低位層が増加していることや、読解力、記述式問題に課題があることなど低下傾向が見られた。 2. コロナ × 教育 更新日:年11月13日(参考図書リスト) 更新日:年11月16日(コロナ関連論文・コロナ関連雑誌タイトル) covid-19がもたらした教育・社会・教育学への影響は、学校休業への対応やict活用への急速な転換にのみ留まるのではなく、子どもたちの生活と命を教育を通じていかに. 『日勤教育 現在』の関連ニュース. 子どもの学ぶ意欲や生活習慣の未確立、後を絶たない問題行動、規範意識や体力の低下など、教育をめぐる社会状況には深刻なものがある。 2. 新たな学びを展開できる実践的指導力(基礎的・基本的な知識・技能の習得に加えて思考力・判断力・表現力等を育成するため、知識・技能を活用する学習活動や課題探究型の学習、協働的学びなどをデザインできる指導力) 3.

現在、日本の性教育は、教育課程の家庭科や保健科といった授業で実施されている。しかし、欧米などの教育先進国をはじめ、アジア諸国と比較. 現行学習指導要領では、小学校における英語活動は、総合的な学習の時間において各学校の判断により、「国際理解に関する学習の一環としての外国語会話等」が実施されている。その際、「学校の実態等に応じ、児童が外国語に触れたり、外国の生活や文化などに慣れ親しんだりするなど小学校段階にふさわしい体験的な学習が行われるようにすること」とされている。 「小学校英語活動実施状況調査」(以下、実施状況調査という)においては、公立小学校の総合的な学習の時間において約8割の学校が英語活動を実施しており、特別活動等も含め何らかの形で英語活動を実施している学校は93.

教育の現在

email: zomeby@gmail.com - phone:(325) 135-8341 x 5081

最新海上運送法及び関係法令 平成7年5月2日現在 - 海事法令研究会 - 投資家のための企業会計革命

-> 戦×恋-ヴァルラヴ- - 朝倉亮介
-> 金融機関のための相続法改正Q&A - 中村克利

教育の現在 - きむらゆういち おおかみなんてだーいすき


Sitemap 1

林家木久蔵のラーメン料理学 - 林家木久扇 - 偉大なる日本をめざせ 櫻井よしこ